無料Wi-Fi利用時のセキュリティ対策

最近は、駅や空港のなどの公共の場で無料LANが使えるなど、とても便利になってきています。でも便利な反面セキュリティ対策をきちんとしておかないと気づかないうちに通信内容が盗み見られていたり、ウィルス配布などに使われるおそれがでてきます。実際に無料Wi-Fiを利用するとどんな風に危険かというと、端末と無線LANの設定によっては同じアクセスポイントを利用する他の人が無線LANを通じてあなたの端末にアクセスできる場合があるのです。その場合、端末の中に保存している写真や動画、メールの内容を見られたり、書き換えられたりする恐れがあります。

では、どんな対策をとれば良いかという事になりますが、まずは、無料Wi-Fiの中でも出自のよくわからない無料サービスはなるべく使わないのが1番良いでしょう。どうしても使わなければならない時は、先にセキュリティ会社のホームページ等で使用してはならない事業者名の名前を確認しておくなどして自衛策をとりましょう。また、カギのアイコンのないWi-Fiスポットもあまり利用しない方が良いでしょう。通信自体が暗号化されていないWi-Fiスポットには注意が必要です。暗号化さえていてもWEPの場合はあまり意味がないので、WPAを選びましょう。セキュリティをさらに強化したい場合は、VPNを使うのも1つの方法です。VPNを使用すればパスワード等を盗まれるのをほとんど防いでくれるはずです。

関連キーワード

  • ウェブサイトの情報漏えい対策をしよう。WAFについて解説しています。
  • 顕微授精(大阪)についてはこちらのページがおすすめ。