タブレット端末の導入と社内のセキュリティ

企業では、他社との商談や会議などの際タブレット端末を使いたいと考えているところも多いようです。しかし、社内の開発データや営業データが流出してしまうというセキュリティの面が心配です。更に言えば、そういったセキュリティも守れるシステムは大掛かりになりがちです。つまり、コストがかかってしまうということです。これを解決するITソリューションとして、クラウドストレージを利用するという方法があります。クラウドストレージというのは、クラウドサービスを使って提供される領域(ストレージ)のことで、ここに同期したいデータを保管しておきます。こうしておくと、複数のコンピュータからデータの閲覧・同期などを可能にできます。

パブリックで提供されているクラウドストレージでは、セキュリティ上問題が残ります。企業でタブレット端末などを使って業務に役立てる動きをコンシューマライゼーションと言いますが、これは例えば端末を無くしてしまったり、アップロードしたデータが第三者に盗み見られてしまう可能性が高いのです。そこで、ITソリューションとしては、ファイルのデータを暗号化し送信して、それを許可された者だけしか復号できないような仕組みを備えたものが開発されています。また、端末を無くしたときに対するソリューションとして、一定時間経つと閲覧できなくなるというシステムが組み込まれています。利便性も損なわずにセキュリティの強化を可能にしています。

関連キーワード