ウィルス被害に遭わないためのセキュリティ対策

機密性とは、許可された者だけが情報にアクセスできるセキュリティです。機密性を保持するためには、データの暗号化、認証、フィルタリングの方法があります。暗号化して保存するとパスワードに基づいた一定の規則に従って組み替えられるので、そのままでは元の情報を読み取れない状態になります。認証とはサーバーへ接続する際に本人性をチェックし、正規の利用者か確認します。フィルタリングは、予め決めておいたカテゴリのサイト以外へのアクセスを制限できる技術で、有害コンテンツの観覧防止で出会い系サイトなどから子供を守ることもできます。

安全性とは、情報や処理方法が正確で安全であるようにパスワートを作成し、自分の情報の安全を保てるようにする方法です。複数のアカウントを持ち、どのアカウントをいつ使用するか管理します。基本的な対策がなされていないと、問題が発生する可能性もあるので、知らないネットワークやオンラインに接続する時は、十分な注意が必要でセキュリティは非常に重要です。

また、データベースに蓄積されているデータが勝手に書き換えられたり、最悪、消去されてしまうかもしれません。SQL言語が持つ機能の中には、OSの命令を実行するものもあります。これによって、サーバやシステム自体が乗っ取られる可能性もあります。対策としては、データベースへの適切な権限設定を怠らないことや、WEBアプリケーションへ渡されるパラメータにSQLを直接埋め込むようなプログラミングを避けるといったものが考えられます。

関連キーワード